社会福祉士会とは

入会のご案内

市民のみなさま

会員のみなさま

2009年度補助金・助成金事業

【補助金事業】

事業名称 虐待対応の実践力強化のための標準化に関する研究
助成団体 厚生労働省老健局
事業の概要 地域包括支援センター等における虐待対応の標準化を目指して、2008年度に開発した虐待対応帳票類の検証、普及と虐待対応機関の現任者等を対象とする虐待対応者標準研修を全国的に展開するための体制整備を行う。
助成額(千円) 21,173
事業報告書 報告書

事業名称 障害者の権利擁護及び虐待防止に向けた相談支援等のあり方に関する調査研究事業
助成団体 厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部
事業の概要 障害者相談支援事業における権利擁護機能の充実を目的とした支援モデルの構築及び、中核機関の機能と役割の明確化・研修プログラムの提案を行う。
助成額(千円) 12,300
事業報告書 報告書
その他 別冊:アンケート調査結果

事業名称 社会福祉士養成実習施設実習指導者特別研修事業
助成団体 厚生労働省
事業の概要 社会福祉士養成課程における施設の実習指導者の資格要件の一つに指定研修が義務化されたのを受け、当研修を全国23会場で開催する。
助成額(千円) 19,603

事業名称 新制度のもとでの相談援助実習の質の向上に関する研究
助成団体 厚生労働省社会・援護局
事業の概要 新制度下の相談援助実習の現状把握と課題の検討、優良な相談援助実習の事例を収集する。あわせて、実習指導の質の向上のためのモデル事業を実施し、実習指導者への支援のあり方の検討を行う。
助成額(千円) 15,200
事業報告書 報告書【19.21MB】

事業名称 社会的に孤立しがちなハンセン回復者・家族に対する見守り・個別支援に関するモデル事業
助成団体 厚生労働省社会・援護局
事業の概要 ハンセン病回復者で社会内生活をしている退所者・家族の社会的孤立の予防と生活課題の早期発見のために定期的な電話による見守りを実施し、必要な場合の個別支援を提供するモデル事業を実施し、その検証を通じて、今後の退所者・家族に対する新しい相談支援のあり方を検討する。
助成額(千円) 4,442
事業報告書 報告書

【助成金事業】

事業名称 専門社会福祉士認定システム構築にむけた基礎研究事業(2年目)
助成団体 (独)福祉医療機構
事業の概要 専門社会福祉士認定システムの構築に向けて、2008年度の検討事項を踏まえ、認定の対象・領域等の関係整理、認定要件の検討、認定手続きの検討、ソーシャルワーク関係団体との調整(各団体の研修等の制度と認定要件としての互換性)、運用システムの検討(運営体制、財政、人員)などを実施し、実施可能性について具体的に検討・検証する。
助成額(千円) 19,063
事業報告書 詳細はこちら

事業名称 地域包括支援センターにおける連携・ネットワークの構築に関する
研究研修事業(2年目)
助成団体 (独)福祉医療機構
事業の概要 2ヵ年計画で、ネットワーク構築に関する研修プログラムを開発・試行する。2年目は、地域包括支援センター社会福祉士を対象に、ネットワーク構築業務のスキルアップを通じて地域の自立生活支援ができる人材を養成するために必要な教材を開発し、研修を試行する。
助成額(千円) 14,665
事業報告書 報告書【37.08MB】

事業名称 更生保護等司法と福祉との連携を担う社会福祉士の養成事業
助成団体 (独)福祉医療機構
事業の概要 地域生活支援等、司法と福祉との連携を担う社会福祉士を養成するための研修プログラムとテキストを開発するとともにモデル研修を実施する。
助成額(千円) 10,993
事業報告書 報告書【1.33MB】

事業名称 社会福祉士リーダー研修事業
助成団体 (財)社会福祉振興・試験センター
事業の概要 社会福祉士の共通基盤として設定した6領域の研修を各支部で実施できるように、リーダー研修等を行う。
助成額(千円) 4,000

事業名称 スクールソーシャルワーカー支援ツール開発に係る調査研究事業
助成団体 (社福)丸紅基金
事業の概要 新たに学校現場に配置されたソーシャルワーカーが、円滑にソーシャルワーク機能が発揮できるよう支援ツールを作成するとともに、当ツールを用いた研修会を開催する。(事業期間:2008年11月~2009年10月)
助成額(千円) 2,000
事業報告書 報告書【788KB】

事業名称 アジア太平洋国際ソーシャルワークセミナー、アジア太平洋地区ソーシャルワーカー意見交換会
助成団体 日本財団
事業の概要 2009年7月19日にアジア太平洋地域から講師を招聘し、異文化課題と各国のソーシャルワーク対応についてセミナーを開催する。翌日に意見交換会を行う。
助成額(千円) 1,500